世界都市ニューヨーク発!世界ブランド「ALXY」とは

世界のリード都市ニューヨーク、ここで生まれた世界的ファッションブランドもあれば、ここで死んだ儚きファッションブランドが存在します。ファッションの激戦区として知られ、一度成功をすれば生涯の財産ともなり一度失敗をすればそこは手の届かないどん底へと落ちます。

そんな中世界的にも大ヒットしたファッションブランド「ALXY」について少し今回はご紹介をしたいと思います。

世界ブランドまで成長をしたニューヨーク発祥ブランド「ALXY」とは一体?

今ファッションアイコンを始め、海外から日本までのアーティストの間で注目されているブランド「ALYX(アリクス以下表記)」

アリクスはもともと、ファッションデザイナーのMatthew Williams(マシュー・ウィリアムス以下表記)が手掛けるウィメンズウェアブランドの名前である以前に、彼の愛娘の名前から由来しています。コアなファンの間では、彼がアメリカ音楽業界で数々のビッグネームのクリエイティヴディレクターを務めてきた実績や、一世を風靡したDJチーム、BEENTRILLでの活躍から既に彼の名を聞いたことがあるかもしれません。

そんな彼が敢えて自らの名前ではなく、何よりも愛する娘の名前を冠して一からブランドを始めたところから如何にこのブランドが彼にとってパーソナルで、家族のためのもので、真摯な気持ちでこれから長きに渡ってファッションと向き合っていく決意を示しているのかということを垣間見ることが出来るでしょう。

マシュー・ウィリアムスが思春期を過ごしたカリフォルニアのユースカルチャーと、彼の愛する世界中のサブカルチャーが挿入されたイタリア製のウィメンズウェアにラグジュアリーと新たな息吹をもたらし、ロマンティックなストーリーを最初のコレクションでは奏でていました。

また当時のそのキャッチーなコレクションタイトル「MY FIRST TIME」から始まり、次に「SPECIAL PROBLEMS」「NATURAL ORDER」と続き、そして2017年春夏プレコレクションの「NEW HAPPINESS」と、2017年春夏メインコレクションの「LOVE CHAOS」は、一瞬にして様々な想像を掻き立てられ決して実際にこれをキッカケにアリクスは世間へと広まっていきました。

それぞれのコレクションストーリーは彼自身のこれまでの過去の経験から培われた極めてパーソナルな現在を反映し、随所に散りばめられた美のシークレットコードによって人々と共有され感情に訴えかけました。

また彼自身がBEEN TRILLの創立メンバーでもあり、NEW YORKを拠点に活動するマシュー・ウィリアムは、Lady Gaga(レディー・ガガ)やKanye West(カニエ・ウエスト)らのクリエイティブディレクターを務めた後、写真家のNick Knight(ニック・ナイト)の撮影チームの主要メンバーとしても経験を積み、2015年についにアリクスを創立するやいなや、自身が経験したエンターテイメント業界の視点からインスピレーションされたデザインを駆使し、第3回LVMH Prize for Young Designersのファイナリストにも選ばれ、その実力は既に世界的にも高く評価されています。

他にもアリクスと言えば、グラフィックやアート風のプリントが印象的なデザインとしても上がっており、海外では多くのアーティストやセレブがアリクスのアイテムを着用し始めたのを機に世界的にも日本にもその波はじわじわと訪れてきています。

日本国内でも入手可能?注目の「ALXY」取り扱い店舗は?

日本でも既に超有名ブランドまでとなったアリクスですが、その人気から常に入手困難アイテムとなっています。
また、正規品の出回り自体も少なくフェイク品はないものの発売と同時に即完売となってしまうことから店舗での購入は少し無謀であるかもしれません。
その代わり公式オンラインショップではストックを多く抱えていることから購入出来るチャンスは比較的高く、価格帯は安価ではないものの購入希望の際はコチラを利用するのも一つかもしれません。

彼のこれまでの人生全てを捧げた結果、今ではアリクスはまるで呼吸をするかのように、ファッションシーンに常に存在するものとなりました。マシュー・ウィリアムスにとってのファッションとは、現代、世界を反映するものであり、だからこその、彼等にしか表現できない世界の美しさをファッションに映し出すことが出来ると確信している。それと同時にこの世界の醜さも表現するアリクス。
ファッションの世界で美しいと思うのはコミュニティとしての機能と、そこで言語や社会的背景に関係なく、幾つもの次元において人々とコネクト出来るということ。愛や友情でさえファッションを通して見付けることが出来るからこそこれからも活動を肥大化していくことを語るマシュー。

時期にファッションの世代交代が訪れるのも早いかもしれません。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です