レザーバッグ界の超新星「LOEWE」

カール・ラガーフェルドやラウラ・ビアジョッティがデザインを手掛けたブランド「LOEWE」

「LOEWE(ロエベ以下表記 )」とは、1846年に皮革製品の大国であったスペインを訪れ現地の皮革職人達の高い技術力と、品質の高い革と出会い感銘を受け当時ドイツの皮革職人だったエンリケ・ロエベ・ロスバーグがスペイン マドリードの中心地に工房を開業し、その後1872年にブランドとして「LOEWE」設立を実現させたファッションブランドです。

その上質な革とLの文字のモノグラムで知られており、当初は上質な革を使った葉巻入れコインケースなどを手がけていたものの、やがて革製の宝石箱などが貴族や富豪たちの間で評判となりバッグやトランクなども製作するようになりました。

ブランド初期では、あのカール・ラガーフェルドやラウラ・ビアジョッティがデザインを手がけており、1892年に流行の発信地であるプリンシペ通りに店舗併設型の工房であるE.ロエベブティックを開きこの頃より製品全てにレザーグッズファクトリーというエンブレムが施されるようになります。

また1905年にはコンキスタ公爵夫人によってスペイン王室に紹介され、アルフォンソ13世より王室御用達の称号を授かった後には、事業を波にのせたロエベは国内での事業拡大を押し進め、国内2店舗目となるバルセロナ店のオープンを皮切りに国内主要都市にて続々と店舗を開きました。

さらには顧客からの注文の増加に対応することを目的に1949年には自社の生産工場を建設。このころより新たにトラベル用品、インテリア小物、靴などが製造され、当時海外ブランドが輸入されていた為か海外ブランドの販売権を獲得し、シャルル・ジョルダンやロジェ・ヴィヴィエ、クロエやクリスチャン・ディオールなどの海外ブランドの販売も手掛けることとなります。

1965年では4代目のエンリケ・ロエベ・ロスバーグがプレタポルテラインをスタート。この頃にカール・ラガーフェルド、ラウラ・ビアジョッティらが、ロエベのデザインに関わったとされており、1970年にはスペインの画家、ヴィンセント・ヴェラにより、ロゴマーク「アナグラム」を発表。4つの「L」を組み合わせたデザインは有名となりロエベの象徴となりました。

その後1975年には定番のアイコンバッグとなる「アマソナ」を発表し、1979年に入ると自由なフォルムが印象的な「ナッパコレクション」を発表。ラムスキンを使用しており、とても柔らかな革質からなる人気アイテムを世に生み出しました。

また1985年ではルイ・ヴィトン社との提携を発表し、ロエベは企業として大きな変化を遂げる事となりこれまで主流の顧客だった上流階級から中流階級にまで、そのターゲットを拡大する方針を打ち出し巨大ブランドへとなりました。具体的な施策として取り組んだのは、まだ駆け出しだったロエベのプレタポルテタ部門に新鋭デザイナーを起用させ、フレッシュな感性を取り込んで若年層や一般大衆の需要を汲んだ新たなデザインを打ち出す事となります。

この結果全体の売上のうち20%未満だったレディースプレタポルテの売上が上昇し、1989年にはフランス・パリのアヴェニュー・モンテーニュに海外初となる直営店をオープン。この成功を足掛かりに世界中でブティックを展開するようになりました。

「LOEWE」が展開する人気のアイテムライン

中でも人気なのが1975年に誕生したロエベの代表的なバッグ「アマソナ」、厳しい品質チェックをされたなめし革を使用している為上質なレザーで軽量かつ耐久性に優れており、ロエベ特有の洗礼されたフォルムにエレガントな雰囲気をかもしだしている商品とされており、ロエベの顔でもある「アナグラム」が刻印されています。

また他にも、バッグや革小物、靴などの皮革製品を取り扱っており皮革製造のブランドには珍しいフレグランス商品の展開も特徴。その斬新なデザインが目を引く「レザーアニマル」シリーズも展開が開始されると人気に拍車が掛かり3Dのアニマルフォームが特徴のショルダーミニバッグやコインケース、チャームも同時に話題を生みました。

1892年ではマドリード市内にあるプリンシペ通りにブティックを開設し、プリンシペ通りは当時流行の発信地として知られ、その後バルセロナに2号店をオープンすると1939年にはドリードのビジネス中心地に半円形のショーウインドウをオープンさせ、ロエベのイメージをより一層強くさせたとされています。

また、1963年から海外進出をし始め同年にロンドンに店舗をオープンさせ、1973年には日本に店舗をオープン、アジア全土に進出し始めました。

1987年に入るとマドリードに初のメンズ専門ブティックをオープンさせ1989年ではフランスはパリに海外初のブティックをオープン。2014年になると日本の表参道ONEビルの表参道店をリニューアルオープンさせ大きな話題を呼びました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です