ワイドパンツのこなれた着崩し術

ワイドパンツのこなれた着崩し術

出典https://www.pinterest.jp/pin/350225308505137855/?lp=true

ワイドなシルエットのパンツはコーディネートが難しそうですが、実は簡単なものです。
また上手く使えればこなれた感のある大人のカジュアルスタイルを築くことが出来るほか、トレンドのリラックス感や旬なストリートテイストが演出できるということで、ワイドパンツの人気が継続。またスリムなパンツが主流だからこそ差別化でき、新鮮な印象も打ち出せるのが魅力。そのはき慣れていないと着こなすのが難しいイメージもあるでしょうが、セオリーさえ守れば実は簡単にもなり、コーディネートのブラッシュアップに活用してみても良いかもしれません。

ワイルドパンツは、そのシルエットによってカジュアルなイメージが際立つほかに、色は落ち着きのあるスタンダードなカラーを選んでバランスを整えましょう。
例えばグレーやネイビーはその筆頭とも呼ばれ、ブラックも条件を満たしますが武骨でワイルドなムードになりやすいので、上品な生地を選ぶと大人らしい着こなしになるほか、ワイドパンツでは生地面積の広さからボリューム感が出るのが特徴です。
またトップスも同じようなボリューム感で揃えてしまうと野暮ったくてラフな印象になってしまうため、上はコンパクトにまとめるのがセオリーであり、タイト&ショートなシルエットを目指すのが理想ですがタイトかショートのどちらかをクリアするだけでもOKです。

また上下でコントラストをつければパンツの新鮮なシルエットも際立つほか、ワイドパンツというとバギーパンツのように裾までワイドなパンツを思い浮かべると思いますが、最近はワイドながらもテーパードがかったモノが豊富にスタンバイ。腰周りに余裕を持たせつつ、裾は適度に絞ったシルエットで着こなしやすく仕上がっています。リラックス感とスタイリッシュな印象を兼備し、大人なニュアンスを演出しやすいため、初心者でも取り入れやすいものです。

ワイドパンツを履けばストリートで差別化を図れる

出典https://matome.naver.jp/odai/2146632151511337901/2146632247612553103

また定番カラーであり落ち着きや爽やかさも備えるネイビーはマストポイント。
このカラーのワイドパンツであれば大人なコーディネートに取り入れるのも容易であり、ワイドなネイビーのチノパンツを着こなしたコーデは鉄板です。
スウェットパーカーをシンプルに合わせただけですが、ダークトーンを中心にして印象を引き締めることで大人っぽく仕上げる事ができ、白いアクセントを適度に効かせて軽快感も演出。

コットン + ウールのヘリンボーン生地を用いたツータック入りのパンツをセレクトすれば、少し短めの着丈が軽やかなイメージも放ちます。またトップスにコンパクトなタートルネックニットを合わせて上品なイメージに誘導出来るほか、シンプルな組み合わせではあるもののシルエットで鮮度を加えた着こなしのお手本です。
ゆったりしたツータックパンツを起点にして、大人らしいニュアンスのワントーンスタイルを構築出来るほか、パンツはウール混素材、トップスはニット + ナイロンのダウンベストという素材感の変化によって同系色の着こなしとは思えない表情を生み出す事が出来ます。

また着こなしのポイントでも挙げたように、落ち着きがあって品もあるカラーの代表といえばグレーです。ワイドパンツもグレーを選べば、自ずと大人なムードに仕上がります。
ウールをブレンドした生地のイージーパンツは、適度にテーパードするワイドなシルエットが特徴的。また温かみのある生地感なので、ソリッドなトップスを合わせても寒々しいイメージにはなりません。スタイリングとしては、クリーンなスタンドカラーのシャツをセレクトし上品かつリラックス感もある今どきな大人の着こなしにまとめることが出来ます。

他にもワイドパンツはグレンチェック。
総柄のパンツはカジュアルな印象になりがちですが、グレー基調でトラッドな品格を備えています。そんなパンツにチェックシャツを重ね、大人のアメカジスタイルを形成し上下ともにチェック柄を取り入れると着こなしがうるさくなりがち。しかし、インナーをのぞかせることで上半身に縦のラインを入れ、スマートな印象を生み出しているのも巧妙なテクニックと言えるでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です