昨年同様トレンドの第一線を走るトラックパンツ!

昨年同様トレンドの第一線を走るトラックパンツ!

出典https://www.pinterest.jp/pin/488429522071297114/?lp=true

昨年から旬のアイテムとして注目を浴びるトラックパンツですがスポーツMIXに欠かせないアイテムであり、大人メンズのスタイルとも相性抜群な鉄板アイテム。
トラックパンツとはもともと、陸上選手がウォーミングアップのときに体を冷やさないようにはくパンツのことを指し、スポーツ用に作られたパンツのため、伸縮性に優れた素材を使い、動きやすさを向上させている点が特徴です。また似ているアイテムとしてあげられるのは、ジョガーパンツですが、こちらはジョギング用に作られたパンツでトラックパンツの一種として数えられます。

今回紹介するトラックパンツは、メンズファッションに定着しつつあるスポーツMIXスタイルを手軽に楽しめるアイテムとされているものの、とはいえ一歩間違えると部屋着感が強くなるので、おしゃれ着として取り入れる際は細身のタイプを選ぶことが肝心と言えます。
またデザインも無地やサイドラインがあしらわれたものがあるが、シンプルなほうがさまざまなスタイルに取り入れやすいです、その他トラックパンツをおしゃれに着こなすために心掛けたいポイントを少しご紹介していきたいと思います。
野暮ったいイメージを持っている人もいるかもしれないが、うまく取り入れれば着こなしにおいて強い味方になってくれるはずなので、是非ポイントを押さえて旬なスポーツMIXに活用してほしいです。

トラックパンツはストリートスタイルと相性抜群!

出典https://stylehaus.jp/articles/5246/

例えば、白シャツにネイビーのパンツを合わせたコーデは既に鉄板コーデとなっています。
トラックパンツはリラックス感の強いアイテムなので、全体の色使いでメリハリをつけると着こなしに締まりが出てこなれ感を手軽に演出できるほか、スポサンと合わせればよりスポーティな印象になってきます。

その他カーキのカバーオールでミリタリー + スポーツなスタイルにも変身ができ、武骨さとスポーティさとがうまく組み合わさり、アーバンな雰囲気にまとまります。
よりスポーティなアイテムにトラックパンツを合わせると運動着になりかねないので、テイストの違うアイテムと合わせることを意識することが重要かもしれません。
トラックパンツのスポーティさをより生かすためにも色は黒がおすすめでしょう。スタイルをスタイリッシュに演出してくれるだけでなく、どんなアイテムにも合わせることができるので使い勝手も抜群であり、またこちらはデニムシャツと合わせてカジュアルな雰囲気になるほか薄色デニムが爽やかな雰囲気を醸し出すことにもなります。

クロップト丈のトラックパンツに白のシャツとサンダルを合わせたモノトーンスタイルではベーシックなカラーリングなのでブレスレットが良いアクセントとして刺さるほか、ハットやループタイできれいめ感を強調することでトラックパンツがハズしとして引き立ちます。
また細身のトラックパンツにオーバーサイズのTシャツを合わせてシルエットにメリハリをつけた着こなしも良く、パンツが細身なので大人でもオーバーサイズのトップスを簡単に攻略することができます。着こなしに動きも出るのでこなれた雰囲気がぐっと増すでしょう。

そして大人にこそおすすめしたいトラックパンツでは定番アディダスからアパレルブランドらしい遊びのあるデザインのものまで幅広いアイテムが現在人気を博しています。
そんな中でも人気の火付け役ともいえる「アディダス」のトラックパンツはブランド定番のトラックパンツをベースにスケーター仕様にリアレンジされており、薄手の平織りの生地を採用しています。
ややテーパードの効いた施しで、アンクルジッパーも備え付けられたリラックス感のある仕上がりのほか、ブランドの定番ウェア T7トラックパンツ。T-7というアイテム名はサイドのテープの幅が7cmであることから由来しているとされ、スキニー仕様で非常にスポーティな仕上がりとなっているためコーディネートの幅も広がります。

最後にフレッドペリーにビリーズが完全別注したモデルでは、ロンドン発のモッズやパンクのサブカルチャーファッションをテーマになっており、ジャージー素材のサイドにブルーとレッドのラインを加えUKらしいスポーティ感を演出。ゆったりしたシルエットで履き心地の良い仕上がりが人気の理由です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です