フィレンツェ覇者!ファッションブランド「VALENTINO」とは

イタリアきっての王道ファッションブランド「VALENTINO」

高級ラグジュアリーブランドとしても高く評価された彼等ですが、そのブランド背景とデザイナーについて今回はご紹介をしていきたいと思います。

イタリアを代表する上品なファッションブランド「VALENTINO」とは一体?

「VALENTINO(ヴァレンティノ以下表記)」とは、1960年にイタリアはヴォゲラ出身のヴァレンティノ・ガラヴァーニが設立した世界屈指のファッションブランドであり、世界中の社交界の人々御用達のイタリアを代表するラグジュアリーブランドです。

創業者であるヴァレンティノ・ガラヴァーニは1932年北イタリアのヴォゲラに生まれ、幼少の頃は父親が地元の電力供給会社を取り仕切る立場にあり、裕福な家庭の子として育っていきます。

1949年に、ミラノのエコール・デ・ラ・シャンブル・シンディクールでファッションデザインを学び、翌年の1950年にはフランスパリのオートクチュール組合学校であるサンディカに入学、そこで彼は本格的に服作りを学んでいくこととなります。

卒業後、彼はギ・ラロッシュのもとでアシスタントとして働き10年近くの経験を積み、その後1959年ローマのコンドッティ通りにオートクチュールのアトリエを開くこととなります。

1960年にはビジネスパートナーであるジャンカルロ・ジアメッティの他、彼の父や他の何人かと共同経営で自身のブランド「ヴァレンティノ」を設立するやいなや、1962年には最初のコレクションを発表し同時にイタリアのフィレンツェで年2回開催されるメンズプレタポルテの展示会「ピッティ・イマジネ・ウオモ」で人気デザイナーとして注目を集めこととなりました。

同時にこの年にはアメリカ市場へと進出し大成功を収めています。その後は1968年のコレクションにて白を基調としたホワイトコレクションを発表し、ファッションデザイナーとしての地位を不動のものとするのでした。

ヴァレンティノのドレスは「ヴァレンティノ・レッド」と呼ばれるなど定評があり、鮮烈な赤が非常に印象的であり、また美術館に展示されるほどにその芸術的な価値を世界から認められています。

デザインで見るヴァレンティノの特徴は、良質の素材から作り出される洗練されたエレガンス。シンプルな中にも優雅さと華やかさ、そして醸し出される気品を存分に感じとることが出来ます。

バッグ、シューズ、アイウェア、スカーフ、スモールレザーグッズなどのアクセサリー、フレグランス、インテリア、などの小物に至るまで、ライセンスを含んで幅広く展開している為、世界中のセレブのみならずファッションに関心の高い一般の人々からも高い支持を集めるブランドとまでになりました。

また、2008年には創業者であり、世界に名を轟かせたデザイナー、ヴァレンティノ・ガラヴァーニが当ブランドのデザイナーから引退を表明し、同年アレッサンドラ・ファッキネッティが後任のクリエイティブディレクターとして就任し、ブランドの色は瞬く間にいい意味で変貌を遂げます。

ファッキネッティはプレタポルテ、クチュール、セカンドラインである「レッドヴァレンティノ」などメンズ関連全てを担当するものの、翌年に辞任してしまい、2008年にはヴァレンティノのアクセサリーをデザインしていたマリア・グラツィア・キウリとピエール・パオロ・ピッチョーリがクリエイティブディレクターへと就任。

2016年にマリア・ グラツィア・キウリが退任したものの、ピエールパオロ・ ピッチョーリが引き続き単独でクリエイティブディレクターとしてコレクションを手掛けることとなり今のヴァレンティノへと至ります。

世界的ブランド「VALENTINO」が魅せる日本国内での活動は?

ヴァレンティノが日本へ初上陸したのは1974年のことでした。

当時はヴァレンティノ・ブティック・ジャパンという社名だったが、2008年に100%出資のヴァレンティノ ジャパン社になる。現在のヴァレンティノ ジャパンが運営する店舗数は24店舗、レッド ヴァレンティノは8店舗、そしてアウトレットが2店舗。

2016年7月にリニューアルオープンした旗艦店の表参道店は、都内初の路面店でもある「ヴァレンティノ 表参道」は、ヴァレンティノの世界的なセールスネットワークの拡大における重要なステップと位置づけされ、英国人建築家デイヴィッド・チッパーフィールドと共にクリエイティブディレクターのマリア・グラツィア・キウリとピエールパオロ・ピッチョーリの2人が手掛けることとなりました。

表参道店のオープニングには、著名なアーティストであるマリポルが来日し自身のアーティスト活動のインスピレーション源を集めた作品集を紹介するという豪華な催しが開かれることから、ヴァレンティノの日本市場への力の注ぎ具合が伺えるものでした。

経営的視点から見ても、日本のマーケットを重要な位置付けとしている一方で、マリア・グラツィア・キウリとピエールパオロ・ピッチョーリ、2人のクリエイティブディレクターは日本への造詣が非常に深く、日本の「わびさび」の概念を作品に取り込んでいると言われています。

ヴァレンティノのアイコン的モチーフであるロックスタッズは実は、日本の伝統技術である「金継ぎ」へのオマージュであると本人が語っており「永遠に続くものなど、この世には存在しない。また、不完全であることこそ、完全である」という、わびさび的な哲学にもとづき、バレンティノの製品は産み出されています。

今後とも急成長を遂げるであろう「VALENTINO」、是非チェックすべきファッションブランドの一つといっても間違い無いでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です