カウンター型パンクファッションの火付け役「VIVIENNE WESTWOOD」

それまでのファッション歴史を打ち変えたカウンターファッション「VIVIENNE WESTWOOD」

「VIVIENNE WESTWOOD(ヴィヴィアン・ウエストウッド以下表記)」はもともとイギリス人デザイナーのヴィヴィアン・イザベル・スウィアによって「ヴィヴィアン・ウエストウッド」として1983年のパリコレクションにてデビューしたのがブランドのキッカケとされており、イギリスの伝統的なクラシックとパンクが融合したスタイルで一躍人気となり2006年には英国人デザイナーとして初めてエリザベス女王より「Dame」の称号を授与しブリティッシュ・デザイナー・オブ・ジ・イヤーも3度受賞するなどイギリスを代表するブランドの一つです。

アイテムラインの展開にはレディスの他にメンズから小物、フレグランスなどラインも多岐にわたり展開しています。

また王冠と地球をモチーフにした「オーブ(ORB) 」がブランドのアイコンロゴとされ、アパレル、バッグや財布などのアクセサリー、ジュエリー、アイウェア、時計、香水、と幅広く展開。日本では96年に日比谷にて「ViVienne Westeood Tokyo」を開店しました。

創業者はヴィヴィアン・イザベル・スウィアであり、1941年4月8日にイギリスのダービーシャー生まれ、当時は絵が得意であった為か画家志望だったものの生計を立てるためにアート専攻の教師の道に進む事となりました。既に2児の母で「ビートルズ」やミニスカートを着て有名になるモデル「マリー クワント」の影響を受けて大学に再入学し歴史を学ぶ事となります。

以降大学時代に出会ったのがマルコム・マクラーレンであるとされ、彼は反体制派でヴィヴィアン ウエストウッドは大きく影響を受ける事となります。

71年にはマルコム・マクラーレンとともにキングスロード430番地にブティック「レット・イット・ロック(LET IT ROCK)」をオープンし、マルコム・マクラーレンのファッションセンスは進みすぎており生産する引き受け手がいなかったためヴィヴィアン・ウエストウッドが生産することになりました。これがキッカケともなり彼女はデザイナーの道を歩むこととなっていきます。

当時のファッショントレンドはヒッピールックだったものの、それを全面拒否しロックをコンセプトとした挑発的なファッションを発表。その作品がロックミュージシャンを中心としたロンドンの若者たちからの熱狂的な支持を得て、72年には店名を「トゥーファストトゥリブ・トゥーヤングトゥダイ(Too Fast to Live, Too Young to Die)」へ変更とともに、ロックをコンセプトしたファッションからレザージャケットなどを中心としたファッションへとシフトチェンジ。

74年には「セックス(SEX)」に改名し、落書きやラバーカーテンの飾り付けの店内にレザーボンテージなどのセックスやフィティッシュをモチーフとしたデザインが多用されました。

76年には「セディショナリーズ(Seditionaries)」に変更し、マルコム・マクラーレンはショップ「SEX」に出入りしていた若者に、ヴィヴィアン・ウエストウッドのデザインした過激な服を着せて反社会的なロックバンド「セックスピストルズ」として世に送り出す事となります。

「VIVIENNE WESTWOOD」が世界に与えた多大なる影響とファッションへの革新

同バンドは革新的であり若者の間にパンクブームを起こし、マスメディアはこれを「パンクロック」と命名しました。

瞬く間にヴィヴィアン・ウエストウッドの洋服は注目の的となりパンクファッションとして脚光を浴びることとなります。その前衛的かつ反抗的なパンクファッションはすさまじいスピードで流行し「パンクの女王」と呼ばれ、、更に熱狂的な支持を得る事となり80年ではヴィヴィアン・ウエストウッドはデザイナーとして新たな展開を模索、マルコム・マクラーレンのアドバイスにより、歴史や伝統よりインスパイアを受けた創作活動を始める事となります。

この時期に改装した「ワールドエンド(Worlds End)」はその影響を受けガリオン船(古い帆船の一種)をイメージしたロマンチックな装飾となりました。

また現在でもキングスロード430番地に存在をしており、81年ではコレクションを発表し、当時のテーマは「パイレーツコレクション」と題し、海賊の黄金時代をイメージしたプレゼンテーションの成功によりヴィヴィアン・ウエストウッドは「アバンギャルドの女王」と称されるようにもなります。

以降82年では2店目のブティック「ノスタルジア・オブ・マッド(Nostalgia of Mud)」オープンさせ考古学の発掘現場をイメージし、壁には世界地図、内部には泥が積み上げられたディスプレイが施し、この年に発表した秋・冬のコレクションも泥の色に染め上げられていた羊革のジャケットやボロボロのスカートが用いられノスタルジックな雰囲気が表現する事に成功。

83年には満を持してパリコレクションに登場しイギリス人デザイナーとして2人目のパリ・コレクションの参加と言われ多大な人気と尊敬をその後も勝ち得ていく事となりました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です