キングオブモード「KARL LAGARFELD」

世界のファッション業界の頂点に立ちキングオブモード呼ばれる「KARL LAGARFELD」
既に説明不要であるかもしれませんが、今回は彼についてご紹介をしていきたいと思います。

世界のトップに座する「KARL LAGARFELD」とは一体

「KARL LAGARFELD(カール ラガーフェルド以下表記)」は、パリを拠点にしいているドイツはハンブルグ出身のファッションデザイナーであり写真家でもあり且つ、シャネルやフェンディの高級ブランドのヘッドデザイナーやクリエイティブ・ディレクターを務め1984年には遂にカール ラガーフェルド自身の名を冠したブランド「「KARL LAGARFELD」を設立したファッション界が生んだ生きる伝説です。

他には彼自身もファッションやアートのさまざまなプロジェクトで単発的なコラボレーションも行なっていることでも有名であり、フェンディではデザインとコンサルタントとして、クロエではデザイナーとして白黒のプリントや巧みなバイアスカットを用いたコレクションを発表し世界中から喝采を浴び、またシャネルのデザイナーに就任してからは戦前のシャネルと現代のトレンドを融合したデザインでシャネルをファッション界の頂点に押し上げるなど、有名ブランドでデザイナーとして活躍を行なっています。

そんなカール ラガーフェルド自身が設立したファッションブランド「KARL LAGARFELD」のラインでは、明るい色をメインとした気軽なカーディガンやジャケットにソフトなニットウェアを組み合わせ且つ「知的なセクシーさ」をイメージしたデザインが特徴としており、自身のブランドのデザインなどのほかにも、2002年ではディーゼルの創業者レンツォ・ロッソの要望により、特別なデニムのコレクションがコラボレーションにより製作・販売をした事も業界内では一気に話題を呼び、また2004年ではH&Mとコラボレーション「Karl Lagerfeld for H&M」を展開したことでこれまた世界中で大きな話題となりました。

2008年にはドイツの老舗高級ぬいぐるみブランドであるシュタイフとコラボレーションし、オリジナルのテディベアが2500体製造される事となります。

そんなカール ラガーフェルド自身は、1964年にフリーランスのデザイナーとしてクロエと契約して以来1978年までクロエと協業し、1992年には再びデザイナーとして復帰し1997年までクロエのデザイナーを務めるというデザイナー人生を送っており、1965年には毛皮で有名なフェンディと契約、フェンディとは既に50年以上デザイナー契約を継続している他、1970年代には舞台衣装のデザインに携わることもあり1980年代には数多くの企業と契約してデザインを担当、その後1982年にシャネルと契約を1971年に創業者であるココ・シャネルが亡くなって以来、低迷していたシャネルブランドを契約翌年のオートクチュールや翌々年のプレタポルテで復活させた偉業を成し遂げます。

彼自身が非常にアイコニックであり、そのポニーテールの白い髪と暗い色のサングラスに高い襟のシャツというビジュアルがトレードマークとして知られており、1933年の9月10日にドイツのハンブルグの裕福な家庭で生まれ育ち幼い頃から絵の才能に秀でており、ファッションデザイナーに興味を持っていたためか、両親はその夢を叶えさせるためにパリに送り込んだと言われています。

パリでは14歳の時にオートクチュール組合が経営する洋裁学校に入り、16歳の時に国際羊毛事務局のコンクールのコート部門で優勝、17歳からピエール・バルマンのアシスタントを始めたのが彼のファッションデザイナーとしての起源と言えるでしょう。

自身のブランド「KARL LAGARFELD」が展開する先進的なラインナップ

ファッションブランド「KARL LAGARFELD」は、都会的でデジタルに精通した洗練された世代をターゲットとするオンラインエクスクルーシブKarl、ウィメンズとメンズのプレミアムの大人に似合うプレタポルテKarl Lagerfeld Paris、シックでお洒落なメンズのためのメンズラインのLagerfeldと3つのラインを持っています。

ウェアは勿論その他にもバッグや時計、シューズなどのほか、i phoneケースなどに至るまでさまざまなアイテムを揃えており、カジュアルからフォーマルまでトータル的にファッションを楽しめる為か現在も根強い人気を誇っています。

また日本では西武とコラボレーションブランド「LIMITED EDITION by KARL LAGERFELD」を展開し日本国内でも大きなニュースとして取り上げられました。

2016年秋にデビューしたこのコレクションでは漫画のようなガーリーさとは異なり、より厳格で日本の働く女性男性にとって新鮮で、彼自身が生まれ変わったら着てみたいと思う服をデザインしたと語っています。

そんな日本の伝統文化「オリガミ」をミックスしたデザインのコレクションは働く女性が輝けるアイテムを揃えています。

このオリガミにはカール ラガーフェルド自身と愛猫シュペットがポップでキュートにオリガミキャラクターとして登場しているのが特徴と言えるでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です