クリスタルの王道「Swarovski」

クリスタルからハイジュエリー、高級を贅沢にあしらった我儘であるも絶対的王者の「SWAROVSKI」

誰もが知る「SWAROVSKI(スワロフスキー以下表記)」とは1895年にダニエル・スワロフスキーがオーストリアに設立したクリスタルガラスの製造会社であり、創業者のスワロフスキーはチェコのガラス研磨工場で経験を積みジュエリーストーンをカットする機器を発し、以後人々に歓びを与えるクリスタルを作ることをコンセプトに原料の生産からクリスタルの生産まで自社で一貫できるシステムを構築した世界屈指の有数ジュエリーブランドです。

独自の製法によるカッティング技術やクリスタルガラスの製造技術を生かし、ラインストーンをはじめヴェルサイユ宮殿やオペラ劇場のシャンデリアパーツなども手がける事となった彼等はファッションブランドとのコラボレーションも多く、ジバンシイ、エマニュエル・ウンガロ、クリスチャン・ディオールなどがスワロフスキーのクリスタルを使用。

2012年にはジュリア・ロバーツ出演の映画『白雪姫と鏡の女王』の衣装にスワロフスキークリスタルが使われたと言われており、2013年にはミランダ・カーが広告キャンペーンモデルに起用。

2014年ではヴィクター&ロルフとのコラボレーションで幾何学パターンの限定ジュエリーを発売し2016年にはMisfit社とのコラボレーションで運動記録や食事管理などの機能を持つアクティビティ・トラッキング・ジュエリーを発表しました。

また1895年にチロル州ワッテンに本社を創立し独自のカッティング技術を取り入れた、クリスタル・カットを施した「スワロフスキー」を登場させました。

その展開はピアスやネックレスなどのアクセサリージュエリーから、特別なドレスなどをグレードアップさせる装飾品のパーツとして、さらにスマートフォンのカバーなど、取り扱っている種類は多方面にわたる。

ヴェルサイユ宮殿や、オペラ劇場の内装に使用されている煌びやかなシャンデリアなども多くスワロフスキーが使用されているとされており、映画の衣装など豪華さを求められる装飾品が必要とされる時には必ずSWAROVSKI社のスワロフスキーは使用され、ダイヤモンドなどの本物の宝石と見劣りしない、質の良いクリスタル・ガラスを提供することで絶大な人気を誇っています。またオーストラリアを代表する「SWAROVSKI」社は、オーストラリア国内だけに人気は留まらず世界の多くの人を魅了し続けている世界を代表するトップブランドであると言えるでしょう。

そのデザイン性として、「スワロフスキー」とはオーストラリアのクリスタル・ガラスメーカーの加工を施されているパーツのことを総称する名として知られており通常のクリスタルにガラスの成分は酸化鉛(PbO)の含有量比は約24%で作られているが、SWAROVSKI社のクリスタル・ガラスは酸化鉛が最低32%と高めに作ることで、カラーの付いていないクリアなクリスタルな製品でも光の加減で虹色に見えるのは、匠の技術が作り出したからだともいえるでしょう。

そのクリスタル・ガラスメーカーだからこそできる独自の製法とカッティング技術は自然な輝きを作り出し技術革新とそれにプラスされたデザインへの情熱によって世界随一のクリスタル・ガラスのブランドとしてトップを走っています。

また彼等のパーツ製品は「スワロフスキー」と総称されていたものの2009年にクリスタライズ・スワロフスキー・エレメント(通称・クリスタライズ)というプロダクトブランド名に統一されました。

一点身につけるだけで成功者のステータスとなりうる「SWAROVSKI」

「SWAROVSKI(スワロフスキー以下表記)」といえばネックレスやピアスなど、アクセサリーを作る時のパーツとして多くラインナップされてていますが、アクセサリーの他にも全世界の有名アーティストや著名人とのコラボレーションを実現させています。

ドレスなどの洋服ではスパンコールの代わりとしてスワロフスキーがちりばめられウエディングドレスなどの特別な衣装などにも多く取り入れられているとされており、またキャラクターの置物やサングラスやペン、USBなどのデコレーションなどの製品も発表しています。

その他過去にはクリスマスのオーナメントの限定発売や時計の製作などアクセサリーに留まらず、様々な分野にスワロフスキーを取り入れるべく日々努力をしていると言えるでしょう。
本社では常に新しいスワロフスキーを生み出し続けており、製品の種類は数百とも数千ともいわれクリスタルの限界にも挑戦し続けています。

また日本では特にハンドメイドの素材パーツとして有名であり、アクセサリーパーツ専門店・貴和製作所はSWAROVSKI社から日本で唯一推奨認定小売業者に認定されており日本での活動に貢献しています。

また数多くの日本人アーティストや有名芸能人とコラボレーションをし、中でも日本を代表する世界でも有名な「ハローキティ」とのコラボレーションはとても有名であると言えるでしょう。

ボールペンからアクセサリーまで、日本だけではなく世界の一人々にも愛されているスワロフスキー。

2009年に世界で初の大型旗艦店を銀座にオープンしデザインマイアミ/デザイナー・オブ・ザ・イヤー 2007を受賞した日本人の吉岡徳仁が手がけたことでも話題を呼びました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です