ドイツファッションの奉公ファッションブランド「JIL SANDER」

世界展開されるファッションブランド「JIL SANDER」、一度はそのファッションブランド名を耳にした事がある人は少なくはないかと思います。今回はそんな「JIL SANDER」のブランド紹介をしていきたいと思います。

ファッションジャーナリスト出身という異色のブランド起源

「JIL SANDER(ジル・サンダー以下表記)」は1943年にドイツのハンブルグ出身であるファッションデザイナーのジル・サンダーが自身の名前を起用したファッションブランドであり、その洗練されたミニマルなデザインで人気を誇っています。

彼女はクレフェルド・スクール・オブ・テキスタイルを卒業後、アメリカのカリフォルニア大学へと留学。その後にはニューヨークで雑誌社に勤務し女性誌のファッションジャーナリストを経て1965年に帰国を果たす事となります。

その後1968年にはハンブルグにブティックを設立し1973年にはパリでプレタポルテ(PRÊT-Á-PORTER)を発表。

1985年からは拠点をミラノへ移し1987年にてミラノコレクションに参加。

1997年よりメンズラインを開始させ1998年にはプーマとのコラボレーション企画にてレザースニーカーを発売し1999年ではプラダグループの傘下となるが方向性の対立により、翌年当ブランドデザイナーを退任。

新クリエイティブ・ディレクターとしてミラン・ヴィクミロビッチが起用され、2005年から2012年まではラフ・シモンズがクリエイティブ・ディレクターに就任し、その美しいテーラードスタイルが高い評価を受けました。

2009年にはユニクロを運営するファースト・リテイリング社とデザインコンサルティング契約を交わし、ユニクロの高価格ラインである「+J」を発表させ2014年ではヴィオネ等で活躍したロドルフォ・パリアルンガがデザインを引き継いだものの彼も2017年3月には退任しています。

そんなジル・サンダーのファッションには様々なアイテムがあり特徴とするのは身体にフィットする的確なカッティングや良質の素材と言えるでしょう。

色は基本的に黒や白から茶色や紺などをベースにしており、すっきりとしたパンツスーツやクールなトレンチコート、上品な白いトップスライン等が代表的なアイテムとして上がってきます。

またその余計なものを加えずデザインや素材で魅せるシルエットからキング・オブ・レスと呼ばれており1980年代におけるジル・サンダーのブランドの登場によって、フェミニンなワンピースやスカート、たくさんの生地を使った女性らしいファッションから機能的でメンズ・ファッションからインスパイアされた上品な大人の男性のファッションスタイルを提示し、多くのファッションラバーたちの心を掴んで放さないものとなりました。

日本国内でのジル・サンダーの活動は、2008年にオンワードホールディングスにより買収され以来彼等の傘下に入っている。

その後2009年には冒頭通りユニクロを運営しているファーストリテイリング社との間にデザイン・コンサルティング契約を行っており、ユニクロの高価格アイテムである「+J」のデザインや商品全体の監修も行っており、2011年にはデザイン・コンサルティング契約が終了、「+J」シリーズも共に2011年にて終了しました。

しかし2012年にジル・サンダー本人が復帰すると、ユニクロ「+J」コレクションは停止するものの彼女が撤退すると「+J」も復活し、ジル・サンダーは全国にある有名百貨店などにありビジネスの世界で活躍するファッションラバー達に愛用され様々な世代の人が購入している人気のブランドとなっています。

「JIL SANDER」を生み出したマスメディア肌のデザイナー「ジル・サンダー」

既にプラダ・グループなどを経て現在オンワード樫山の傘下にある企業である「JIL SANDER(ジル・サンダー以下表記)」ですが、ジル・サンダーはハンブルクやベルリンを中心にパリやミラノ、ロンドンや東京など、世界中に多数ブティックを展開がされており1980年代末からミラノコレクションをリードしています。

もともとデザイナーであるジル・サンダー自身はテキスタイルのエンジニアで、ニューヨークにある出版社で活躍したファッション・ジャーナリストでもありました。

ジル・サンダーのシンプルなデザインや上質な素材で仕上げられた服飾は働く女性から男性達に支持されており、世界中で高く評価されているのが特徴として言え、また社会で働く人のための理想的なファッションを具体化しジル・サンダー自身が着こなし、自身が服のモデルでもある珍しいタイプのデザイナーであった事はファッション業界でも非常に稀だったと言われています。

社会人デビュー時でもプレゼントとして人気のある「JIL SANDER」、是非お近くのブティックに足を運ばれてみてください。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です