モデル兼VOGUEエディターとしても活躍したデザイナーブランド「LUCIEN PELLAT FINET」

パリ版Vogue Parisのエディター、CHANELのスタイリストとして活動を遂げた者が設立したブランド「LUCIEN PELLAT FINET」

「LUCIEN PELLAT FINET(ルシアンペラフィネ以下表記)」とはフランス・ニース出身のルシアンペラフィネが設立したファッションブランドであり、デザイナー兼創設者であるルシアン ペラフィネは、ピエール・カルダンのジュニア・ラインのモデル、パリ版VOGUE HOMMEのエディター、シャネルではスタイリングを担当するなどファッション業界で活躍していた経歴を持っています。

フランスの街角でウィンドウに飾られたカシミアセーターに衝撃を受けカシミアに特化したブランドを設立することを決意。

1986年ブティック「ルシアン ペラフィネ」をオープンするが90年にクローズし、94年には「Luxury street wear」と名付けたカシミアニットを10点発表し、キング・オブ・カシミアと呼ばれるほど大きな反響を得る事となりました。
ここにブランドが誕生され、96年にメンズラインを展開、98年にはカシミア100%のキッズラインからレディースラインも発表しスカル柄が世界的人気になりました。

2002年には東京・表参道に片山正道氏デザインのブティックをオープンさせ2002年にはカラーバリエーションが豊富でリーズナブルな「クラシック・コレクション」を発表。村上隆、隈研吾、森田恭通等とのコラボレーションも話題になり。薄くてしなやかな最高品質のカシミアは多くのファッショニスタから絶大な信頼を得ているとされています。

ルシアンペラフィネはフランスのファッションブランドであり、カシミアを使用したコレクションで有名なブランドでありカシミアに関して右に出るブランドはいないとされているほど、カシミア製の商品を多く扱ったブランドとされています。このことからルシアンペラフィネのブランド設立者であるルシアンペラフィネはキング・オブ・カシミアとも呼ばれており、賞賛されています。
また、カシミアは高価な素材であることから世界中の多くのセレブ達やファッションにこだわる者たちから絶大な人気を誇り、高い支持を得ています。
またハイランクの目の肥えた最先端のファッションを追い求める者たちを驚かせ、翻弄させるような作品を次から次へと世に出す事でも知られておりそういった点からも世界中から注目を浴びているファッションブランドと言えるでしょう。

その他にはブランド自体、1986年にルシアン ペラフィネが自身の名を冠したブティックをパリにオープンしたことでその始まりを告げるとされており、服やニットから小物類をデザインや販売しながら続くブティックだったが、90年に1度クローズさせて静養期間に入ることとなりました。そしてその4年後の1994年、改めてルシアンペラフィネのブランドが設立。カシミアのレディースウェア・コレクションをニューヨークで発表するがこれが世界中で好評を受ける事となります。
この高評価を受けてルシアンペラフィネの知名度は上がっていくことになるとなりました。

「LUCIEN PELLAT FINET」の生みの親であるルシアンペラフィネが生み出すアイテム

「LUCIEN PELLAT FINET(ルシアンペラフィネ以下表記)」の創立者であるルシアンペラフィネは、1969年にニースのビジネススクールである「SUP DE CO」を卒業すると、ピエールカルダンのジュニア・ラインのモデルを行うようになりました。
また1974年になると小物のスタイリングをプレタポルテにて手がけるようになるが、シャネルのスタイリングを担当した後に一時活動休止して世界放浪の旅行に出て、その際に出会ったカシミアセーターがきっかけで自身の名を冠したブランドを立ち上げる事となりました。

また、ルシアンペラフィネの定番な人気アイテムはカシミア製の商品でありブランドの代名詞と呼んでも過言ではないでしょう。
中でもカシミア製のニット帽が特に人気商品であり毎年シーズン前になると売り切れると言われているため、前もって予約をする者がいるほどの人気商品となっています。加えてブランド設立者であるルシアン ペラフィネが多大な影響を受けたというカシミアセーターもまた、ルシアンペラフィネにおける定番商品として存在感を放っており、他にもベルトやパーカー、ブルゾンから雑貨まで多種多様な商品をルシアンペラフィネでは扱っています。

日本でもルシアンペラフィネのカシミア製の商品は非常に高い人気を誇っており、有名な芸能人などもそのアイテムを好んで愛用しているほどであるとされています。東京などで多くのルシアンペラフィネの店舗や取扱店を構えており、次いで大阪、愛知県、福岡県、兵庫県、広島県の順にルシアンペラフィネの店舗が展開されています。
日本での活動が精力的に行われていることを窺い知ることができ、一時はルシアンペラフィネの世界を堪能するというコンセプトのカフェが展開されていたが現在は閉店していると言われています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です