男をワンランク上げるファッションブランド「BVLGARI」

既にメンズラインにて定評を獲得した「BVLGARI」、もう一つランク上の男性へと上りたい人には絶対に必要不可欠なファッションブランドと言えるであろう当ブランドですが、今回は彼等についてご紹介をしていきたいと思います。

漂わせるメンズライク商品「BVLGARI」が魅せる真のメンズラグジュアリー

「BVLGARI(ブルガリ以下表記)」のジュエリーはアンティークコインを特徴としたリングをはじめネックレス、ブレスレット、イヤリング、カフスなどがありブライダルリングも展開されたブランドきっての人気商品です。

プレシャスで革新的な素材使いをすることで生み出された本物のラグジュアリーの数々はコンテンポラリーとクラシックを融合した魅力的なスタイルを表現しており、ウォッチやレザーグッズ迄も幅広く展開されています。

また、レザーグッズはレディース用バッグ、メンズ用バッグ、財布、名刺入れやキーホルダーが揃えておりレザー商品では、アイウェア、アクセサリーではジュエリー、スカーフやストール、キーリング、ベルトやネクタイも展開されています。

他にはフレグランスラインにてメンズ、レディースと展開され、最近ではチョコレート業界にも参入しており、職人の細かい技により繊細なチョコレートを作り上げた事でも有名です。

そんなブルガリですが、ブランドの沿革ではギリシャ系イタリア人の「ソティリオ・ブルガリ」が1884年にイタリアのローマに創業した高級宝飾品ブランドとしての運営が起源となります。現在はフランスのアパレル企業グループであるLVMHに属しており、高級宝飾店から事業をスタート後、時計、香水、レザーアイテム等にも手を広げており、蛇の頭部をあしらったモチーフをブランドアイコンとしています。

手首には2重、3重にまきつくヘビのデザインが人気の腕時計「セルペンティ」は、イタリア語で「ヘビ」の意味としても知られ爆発的な人気を博しました。

また、2007年にオープンした銀座のブルガリタワーには巨大なヘビのデザインが施され「BULGARI」ではなく「BVLGARI」というスペルが使われているのは、創業当時に「U」のスペルが存在しない時代であった為に「V」と表記されたという秘話もあります。

他には企業としての商号はJ、W、Uがなく、また小文字もなくアルファベットの表記法によって「BVLGARI」と表記されており、初めは高級宝飾店としてオープン、その後1977年から腕時計の製造も開始し、2000年代以降になるとフレグランスやレザーアイテムやメガネフレームなども取り扱いだし、リゾート・ホテルの経営にも参入する等ビジネス的運営をするのも特徴です。

また、そのブランド歴史では1970年代にニューヨークにて海外で1号店を出店し最近では海外に150店舗位の直営店をオープンしました。最近となっていは2012年に大阪の阪急うめだ本店に世界初のインストアカフェを併せた店舗をオープン。

2011年3月にはLVMHと創業家との株式交換が行われて、ブルガリがLVMH傘下に入ったと同時にブルガリ創業家がLVMH株式を一部保有することとなりました。これに伴い以前よりルイ・ヴィトン、クリスチャン・ディオール、並びにフェンディといった要職を任されたマイケル・バークはLVMHより赴任する事となります。

翌2012年の2月をもって初の創業家以外でCEOに就任を遂げ、またLVMHグループに入った際にはLVMHによる買収でなく株式交換という形をとりLVMHのブルガリ株式保有した分をブルガリが株式交換で手に入れたLVMH株と交換することができるという条項が付けられた事でもファッション業界を震撼させました。

「BVLGARI」の生みの親「ソティリオ・ブルガリ」とは一体?

「BVLGARI」は1884年にギリシャの銀細工職人ソティリオ・ブルガリによってローマで誕生し、現在は本店をコンドッティ通りに構えています。

現在に至っては、同店舗はブルガリ本店として多くの顧客を迎え入れておりブルガリの創業者、ソティリオ・ブルガリは1857年に、エピルスという街で生まれ、ブルガリはイタリアブランドで有名ですが実は創業者に関してはギリシャ出身というエッジの効いたアクセントがあります。また、創始者ソティリオの後息子のジョルジョが経営を継ぎ、ジョルジョはイタリヤルネッサンスの美術をもとに、オリジナルの造形美を生み出し続ける事となりました。

その後は次々と人気のウォッチを生み出し、1980年には時計製造の中心地であるスイスに「ブルガリタイム」を設立。

ブルガリはジュエリーだけでなく、高級腕時計ブランドも超一流となっており、他に香水やレザーアイテムとその製品のラインナップを広げ、ホテル事業の展開や昨今ではチョコレートを販売するようになりブランドとしての幅広く展開する事となりました。

全てのメンズブランドの中でも絶対的頂点を上り詰めた「BVLGARI」、是非一点でも手に入れておきたいブランドと言えるでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です