オシャレは足元から!「メンズ革靴特集」

オシャレは足元から!「メンズ革靴特集」

出典https://monde.jp/blog/?p=6004

メンズのコーディネートに欠かせない革靴を今回は特集としてご紹介していきたいと思います。ビジネスシーンに使えるドレスシューズから、カジュアルなサンダルまで、ジェイエムウエストン(J.M. WESTON)やドクターマーチン(Dr.Martens)、リーガル(REGAL)、フット ザ コーチャー(FOOT THE COACHER)など、人気ブランドの新作モデルをタイプ別に今回はお伝えしていきたいと思います。

先ずはビームス(BEAMS)別注のドクターマーチン(Dr.Martens)3ホールシューズシリーズ。こちらはシューレースの隣に配したサイドジップによって着脱が容易にできるモデルとなっており、シュータンの裏側にはエラスティックを配し靴紐無しでも履ける2WAY仕様となっています。カラーラインにはホワイト、ブラックレザーの二種類が展開されておりミニマルな表情が魅力的です。

続いてはミーンズワイル(meanswhile)とキッズ ラブ ゲイト(KIDS LOVE GAITE)のコラボレーションシューズがオールリフレクターレザー仕様になったオールリフレクタレザーシューズ。ダブルモンクのフォルムに近未来的な表情が加えられました。

エイチ.カツカワ(H.KATSUKAWA)では、薄くて軽く、通気性にも優れた純白のピッグスキンを用いたシューズを提案しており、外羽のプレーン、ローファー、チロリアンなどクリーンなモデルを展開。それぞれのインソールや靴箱の裏には、二子玉川河川敷の石の写真があしらわれているTHE JAPANな一足です。

ネペンテス(NEPENTHES)とトリッカーズ(Tricker’s)のコラボレーションシューズ「ASYMMETRIC GIBSON」では、その名の通り左右非対称なデザインが特徴的となっており、左足はウィングチップ、左足はストレートチップに仕立てた斬新なディテールが印象的。ビブラム社の「モアフレックスソール」により、日常使いに適した快適な履き心地になっており、素材は艶やかなスコッチグレインとスウェードの2種類から選ぶことができます。

その他リーガル シュー&カンパニー(REGAL Shoe & Co.)のスリッポンは、正装用のパンプスをモダンに再解釈した1足で、独特な重厚感とボリュームのある造形が特徴的。上品ながらも程良い抜け感が洗練された印象をもたらすことでしょう。

まだまだ続くオールシーズンで便利な革靴・ローファーブーム

出典https://uranaru.jp/topic/1012205

ジェイエムウエストン(J.M. WESTON)は、定番シューズの素材やステッチのカラーなどをカスタムできるスペシャルオーダーを最近用意したことでも話題を呼びました。中でも「180 シグニチャーローファー」限定モデルのベリースペシャルオーダーモデルはカットラインに沿ってマルチカラーの糸で刺繍を施したものなど、デザイン性に富んだラインナップを揃えられています。また自分だけのオリジナルデザインで、存在感のある足元を演出することが可能であると言えるでしょう。

フット ザ コーチャー(FOOT THE COACHER)の外羽根靴 「DANIEL」では、足の骨格に沿った造形の木型を用いて作られたモデルとなっており50年代のワークブーツに見られるサイズ表記やセンターの目印を施し、外羽根部分には4列のステッチを施すなど、無骨なディテールをあしらいながらも、上品な佇まいに。その他エンジニアブーツをカットしたようなデザインのサンダルにも注目がいっています。

お次にフットストック・オリジナルズ(FOOTSTOCK ORIGINALS)からは、ミリタリーベースのストレートチップシューズが登場。足先にはゆとりを持たせつつ、足の骨格や筋肉に沿った造形にすることでフィット感を高められており、また一枚革のレザーシューズなどユニークな発想のモデルも展開。

あの話題を呼んだドクターマーチン(Dr.Martens)とセックス・ピストルズ(SEX PISTOLS)のコラボレーションブーツはバンドのアナーキーな雰囲気を投影したダイナミックなグラフィックが魅力であり、ヒールタブにはネオンピンクを差し込み、アクセントを効かせています。また、ブーツだけでなく「NO WHERE”“BOREDOM」などのメッセージを配した短靴も展開。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です