有数のブランド陣とコレボレーションを果たす「HYKE」

日本を発祥に今や世界的にも有名なファッションブランドとなった「HYKE」、その姿はYohji YamamotoやISSEY MIYAKE等同じ他国内ブランド陣営の影に隠れがちですが、事実HYKEは既に両者に劣らず強いては勝るとも言える知名度を勝ち得る事となっています。
そんなメイドインジャパンの有数ファッションブランドの一つ「HYKE」について未だ、ご存知ではない方がいれば是非当記事をチェックされてみて下さい。

日本ファッション文化の一つ「古着」からヒントを得た「HYKE」

「ハイク(HYKE以下表記)」はデザイナーの吉原秀明氏と大出由紀子氏が2013年秋冬コレクションからスタートさせた日本のファッションブランドであり、東京出身の吉原秀明と群馬県出身の大出由紀子はともに1969年生まれにしてプライベートでもパートナーである事が有名。
また吉原はメンズの服飾専門学校でテーラリングを学び大出は縫製工場を営む家庭で育ち古着に興味を持ったのが始まりであり、1998年にはヴィンテージ&ユーズドのショップを代官山にオープン。同年ではブランド「グリーン」を立ち上げデザイナーとして活動を開始するも2009年春夏コレクションを最後に出産、育児のため休止となりました。

それ以降2013年秋冬シーズンより新ブランドハイクのハイクをスタートさせブランド名は、デザイナーの家族の名前の頭文字を合わせたものであり、ヴィンテージショップを運営する傍ら古着の良さを再確認。年代を重ねたものの「良さ」を取り入れた服作りをしたいと考えたのがブランド設立のキッカケであると後に彼等は語っています。
また「Heritage And Revolution(服飾の歴史、遺産を自らの感性で独自に進化させる)」をブランドコンセプトに置き、高度な技術に裏付けられたベーシックと丁寧に選ばれた素材を使用したハイクオリティなコレクションを発表。その後素材の持つムードを的確に掴みとり個々のデザインに合った技術を駆使して生み出される独特のシルエットは秀逸とされファーストコレクションは、米海軍と紺色の2つの意味を持つ「NAVY」がインスピレーション源となり、この時のコラボレーションは米海軍にウールキャップを供給していた経緯を持つ「ニューエラ」と果たす事となります。

2014年春夏には欧米のワークウェアに着想を得たコレクション「WORK」を展開しその歴史を考察、素材やパターンを分解しハイク流味付けをして再構築しました。2015年秋冬では「MILITARY」1823年には「MACKINTOSH CLOTH」を発明し、そのゴム引きコートの製法を守り続けるマッキントッシュとハイクのコラボレーションアイテムを発表し大きな話題を呼ぶこととなりました。
2015年春夏は、「Sport」と「 Traditional Style」がキーワード。この年パイソン柄が使用され、以後ハイクの象徴的な柄となる。
彼等はこの年、アディダス オリジナルスとのコラボレーションラインも発表しアディダスのスポーティな印象とハイクのミニマルな雰囲気が溶けあったクールなコレクションは絶大な人気を博す事となり、2016年秋冬は「heavy-duty Wear」を展開、米国リアルツリー社が展開する「APカモフラージュ」を採用しリアルな枯葉を再現したプリントに注目が集まりました。
2016年春夏では再び「NAVY」を展開、2017年秋冬にはハイクの原点とも言える「WORK」と「MILITARY」の二枚刃仕様のコレクションを発表する事となります。ハイクはプライベートと仕事のバランスを大切に考えているブランドであり、日々の時間の使い方に丁寧に配慮したブランドの空気はそこでつくられる服たちに確実に反映していると言えるでしょう。

「HYKE」が日本国内ストリートに放つ革新的な一手

「ハイク(HYKE以下表記)」の企画・デザインは吉原と大出が共同で行っており、ディレクションやヴィジュアル製作は吉原が主に担当しています。その為大出は生産関係を担当しておりそれぞれのアイデアをキャッチボールしながら最終的な仕上げに繋げています。
その開発のスピードや精度はブランド立ち上げ当初から大幅に向上しており、企画自体もスムーズに流れている現在、従来ではぶつかることによって生まれていたアイデアが自然な流れの中で肉付けされるようになっていると彼等は語っており、それによってか嘗てよりも製品としての精度がアップしていることに直結する事となりました。
そして価格の低いアイテムを揃えることだけが目的ではなく、生産者側と顧客、そして関連業者が共に喜べる体制づくりが重要だとしており、その展開は既に日本国内の路面店からセレクトショップ、デパート内でも取り扱いが始まっている為手に取りやすいビジネス展開を発展させました。

最近になり知名度も上がり始めた当ブランドは、身につけるだけで一足先のファッションアイコンになれること間違いなしです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です