h3押さえておきたい春コーデにむけたデニムジャケットコーデ術h3 img src=httpsrr.img.naver.jpmigsrc=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20140915%2F22%2F2646732%2F13%2F370x370x7ef2744ea926e0b80d54e1b0.jpg&twidth=1200&theight=1200&qlt=80&res_format=jpg&op=r 出典httpsmatome.naver.jpodai2139515447583995901 寒い冬を越えてここ最近でようやく春の訪れを感じれるようになってきたのではないでしょうか。 今回はそんな春先のメンズファッションの定番アイテム「デニムジャケットGジャン」について少しご紹介をしていきたいと思います。 デニムジャケットは春秋冬に対応できる数少ない万能アウターというのは周知の事実ですし、これ1着を持っておけばほぼオールシーズン(夏以外)で活躍すること間違いなしでしょう。 ただ、押さえておきたいのは「その着こなし術」、知る人と知らない人では少なからず少しの差は出てしまうのが万能アウターの痛いところ。是非今回、春先のコーディネート術「デニムジャケット」について押さえていきましょう。 h3「Salvatore Ferragamo」が今後も注目されていく理由h3 img src=httpsencrypted-tbn0.gstatic.comimagesq=tbnANd9GcQXc9lIvgkStFMnYiO3bDa_acN4M7OzZaqHFEiqxDursvz8QN64 出典httpswear.jpcoordinatetag_ids=155258 今回はデニムジャケットの着こなしを少しご紹介したいと思います。何と言ってもデニムジャケットのコーディネートが1パターンになっている人必見の内容となっており、Gジャンを着こなすにあたって課題となるのが「着丈の短さ」と「アームの緩さ」の2ポイントです。 特に着丈の短さが重要で、着丈のせいで違和感が出て困っている人が多く見られます。まずはその中でもアームの緩さについてですが、デニムジェケットのアームは緩いデザイン性のものがほとんど多く特に古着で買うとほぼ全てがダボダボのサイズ感です。 これを解消するには「袖を捲って」「襟を立てる」、この2点で解決します。 襟を立てるのは苦手だという人は多いと思いますが、その場合は袖を捲るだけでも効果が大きいので試してみて下さい。 続いて着丈についてです。 どうして着丈が短いことによって違和感が生じるかと言うとインナーとの着丈差が大きくなるからであると言えるでしょう。 着丈差が少なくややはみ出ている程度のが自然ですあり、着丈差が大きくとも自然に見せる方法もありますが、まずは「ややはみ出ている」ぐらいを目指すのがおすすめであると言えます。 また着丈が長いカットソーを使用する場合は間に1枚着丈が短いカットソーを噛ませると違和感が減少します、他には典型的なパターンは 「ロング丈のタンクトップ + 着丈短めのカットソー + デニムジャケット」が定番と言えます。 季節は過ぎましたが、ちなみに冬の基本的なGジャンの使い方はインナー使いです。 冬は流石にGジャン1枚ではアウターとして頼りないですが、インナーとして使うと強力な防寒着となる他、コーディネートの面から見てもダークトーンに傾倒して地味になりがちな冬コーデを引き立ててくれる名脇役になるので2つの意味で便利。 注意点としてはアウターのサイズ感であり、タイトなアウターの中にGジャンを着込むと着心地が悪くて適いません。なので少しゆとりのあるアウターと合わせると比較的見た目もスタイリッシュになるのでデニムジャケットをインナーとして使う場合は意識されてみて下さい。 また、非常に難しいデニムonデニムの基本形はコートと合わせることがマスト。全身デニムはどうやっても不自然さが強く印象付きやすく、それをコートで隠してデニムの割合を70%程度まで減少させればある程度自然に見せる事が出来ます。 またアパレル的オシャレを目指すなら不自然さを恐れている場合ではありませんが、なるべく自然にと考えているのならばコートを使用していくと良いでしょう。その他、ジャケットで隠すのもありですが、コートよりも難しいバランス感覚が必要となるためスタイルの誤魔化しが効きにくいのであれば是非前者を合わせた方が宜しいでしょう。 如何でしたでしょうか。今回は春先に向けたデニムジャケットのコーディネート術を少しご紹介してみました。是非活用されてみてください。

快適性と機能性を更に追求した人気ブランド「ARC’TERYX(アークテリクス)」がAラインコートの新色発売

出典http://www.arknets.co.jp/ext/feature/17aw_arcteryx/index.html

「ARC’TERYX(アークテリクス)」がこの度ロング丈ジャケット「ANDRA COAT(アンドラコート)」から春の新色を発売しました。既存のブラックに加えて新たにグレー系の「Whiskey Jack」とベージュ系の「Kirigami」が追加され、価格は税別6万円、アークテリクスの直営店各店で現在全国展開され取り扱いがされています。

また「ANDRA COAT(アンドラコート)」は、全てのパーツにおいて軽量にこだわり、重さはMサイズで355g。GORE-TEX素材を使用しており、雨や雪から身体を守り、衣類内の湿気を水蒸気として外へ逃がすことで着用中のムレを軽減するという機能性の高さはブランドの最大の魅力であるが故に流石の一言。また裏地にはGORE® C-KNIT™を採用し、素肌に羽織っても滑らかで柔らかい着心地を実現しました。

また片手で大きさを調整できるフードや、フロント部分には止水ジッパーを採用したフラップ付きポケットをあしらうなど、細部まで快適性や機能性を追求され、ブランドとしては珍しいAラインシルエットで都会的な風景にも馴染むデザインとなっています。

そもそも「ARC’TERYX(アークテリクス)」というブランドとは一体

出典http://www.mec-markis.jp/fukuoka-momochi/search/detail.php?shop_id=6590

もともと、アークテリクスのジャケットは登山ブランドというカテゴリから飛び出し、ファッションカテゴリにも浸透しつつある今や人気のブランドとなっています。その優れたデザイン性は耐久性と動きやすさといった機能が高次元で融合したジャケットに各方面から注目が集まっています。
最軽量の素材を採用しながら、全天候に対応した機能を発揮するベータSLシリーズは、ハイスペックな機能に対してデザインにライト、むだをそぎ落した結果のソリッド感が軽さだけではなくデザインにもプラス効果されており、構えずタウンユースとして気軽に着まわせる一着です。着回しの良いショート丈のオールラウンドシェルでタウンユースにもジャストでハマりシンプルデザインなためボトムスや合わせる小物を選びません。

高山の環境を想定したタフな作りを街で着る。アークテリクスならではのハイスペックを街で密かに楽しむ快感を満喫できる一着です。
またリーフシリーズは軍や警察機関用に設計された異色のラインは米軍でも信頼されるタフなスペックが魅力。

またデザインも通常のアークテリクスとは違い、ミリタリーテイストなため、ストリートスタイルやワイルドなタウンユースコーデにマッチします。

他には非常に軽いウィンドシェルで、気温が高いシーズンのアクティビティ用アウターにマッチしやすく、無駄をすべてそぎ落とし軽量に特化しているため、冬季のミッドレイヤー上に着用すると動きを阻害することなく効果的に風をカットすることに役立ちます。
オールラウンダーなフリースジャケットは薄く軽量な素材を採用しながらも高い保温性があるため、かさばらないシルエットでタウンユースにもぴったりです。

厳冬期のインナーとしても最適なフリースで、様々なシーンで活躍してくれます。
また防風性能が非常に高いソラノジャケットは、ゴアテックスウィンドストッパー素材が風をカットしながら湿度を外部に逃がします。タイトなシルエットでバタつかず、自転車やランなどのアクティビティで動きを妨げません。

タウンユースにもぴったりなシックさも魅力です。
この機能性はニューファブリックが採用され、デザインも一新された次世代のアルファシリーズは最軽量で、要求される高次元のタフさをキープしています。その理由からか、タウンユースにハマるデザイン性の高さも健在で様々なコーデに合わせてみたくなる一着です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です