ラグジュアリーストリートの先駆的ブランド「GIVENCHY(ジバンシー)」

物事の始まりには必ず先駆者となる人々や物が存在します。

ファッションのジャンルも先代の彼等が成し得た偉業の下に土台ができ、私たちがその上に立っています。勿論この先の時代も担う新たなファッショブランドやファッションを愛するファッショラバー、ファッションアイコン達へと次のバトンを渡す事こそが我々が成すべく事でもありますが、近年のラグジュアリーストリートというジャンルを確立させたブランドを皆さんはご存知でしょうか。

今回はそんなラグジュアリーストリートという新たなジャンルを切り開いた先駆的ブランド「GIVENCY(ジバンシー)」についてご紹介をしていきたいと思います。

クラシカルからモード、そして究極のラグジュアリーへと繋げた鬼才「GIVENCY(ジバンシー)」とは

「物の在り方に正論は無い」
そんな思いを一人でひっそりと胸に抱く一人の男の子がパリ郊外のボーヴェにて生を受けました。彼の名はユベール・ド・ジバンシィ(本名はユベール・ジャム・マンセル・タファン・ド・ジバンシィ)、後のGIVANCYを立ち上げるファッション業界切手の天才です。

彼は幼少の頃を貧しくも夢と絶望の狭間で生き、成長を遂げようやく自分自身の夢でもあった「ファッションブランドの創設」という大望を成し遂げました。

創立されたファッションブランドは彼の名前の頭文字であるアルファベッドの「G」を四角に4つ合わせたブランドロゴが特徴な今のGIVENCYです。

LVMH系列のブランドで、現在はLVMHの中でディオールに次いで2番目に規模の大きいブランドまで成長をしました。また、創立者のユベール・ド・ジバンシィは、1937年にパリ万博で展示されていたデザイナー作品に魅了され、志をファッションデザイナーに成るという一点を目指します。

その後1945年からはジャック・ファットやロベール・ピゲのメゾンで働いた後、スキャパレリのクリエイティヴ・ディレクターへと就任。

確かな実力と業界に対する深い理解、それをも覆す彼のファッションセンスが評価され、その後に独立を成し遂げブランドを立ち上げたという経歴となっています。

ブランド設立後には、パリにある「アルフレッド・ド・ヴィニー通り8番地」にてオートクチュール・メゾンをオープン。

初のオートクチュールコレクションでは、資金面の問題もあり、コットン素材を基調とした無駄な装飾のないドレスやブラウスを発表し、特にラッフル袖のブラウスとスカートで作られる「ベッティーナ・ブラウス」が話題となりました。

若い感性が怪しくも不安定に光り輝くその新時代のデザイン性は、ファッションデザインとシャープ造形に高い評価を受け「モード界の神童、鬼才」と呼ばれ、彼の名は瞬く間に世界へと広がり始めました。

ブランドコンセプトは普段着にもなりうる「エレガンス」、ユベール・ド・ジバンシィは「人は身につけるものでエレガントになるのではなく、どのように身につけるかでエレガントになるのだ」と語っており、自分のあり方として表現されたものこそが美しいと考えるのでした。

彼のファッションに対する挑戦心は止まるとこを知らず、ウィメンズラインを展開していた当初からは一変しメンズコレクションを次々と発表。これも世界に高く評価され「GIVENCY」は世界各国にたくさんのファンを持つ一大ブランドへと現在に至り成長を遂げたのです。

「GIVENCY(ジバンシー)」が展開する日本に向けたアイテムラインナップとは

既に日本国内では、ウィメンズとメンズともに展開がされおり、ウェアの他にバッグや靴、アクセサリー、香水やコスメラインなども展開しています。また、男性用コスメも販売されており、日本で非常に有名になった「ウルトラマリン」という男性用香水もジバンシィの商品だという事は誰しもが知っていることでしょう。

コスメや香水から始まり、ファッション以外でも大きな影響力を持つGIVENCYは、LVMHフレグランスブランズによって流通しているので、全国の百貨店などで目にする機会も多い為、入手レベルとしても高くは無い為老若男女に人気を誇っています。

また、2014年には日本では初となる路面旗艦店を東京表参道にオープンし、これまで百貨店などに販売代理店に委託していたショップも統合され新たれ「GIVENCY JAPAN」が誕生しました。

店内の構造としては、1階にはアクセサリー、2階にはウィメンズ、また地下1階ではメンズを扱っており今でもプレゼントシーズンには多くの人達で賑わっています。

2016年に入るとその勢いは衰えることなく、日本文化へのオマージュともいえる「GIVENCHY ESSENTIALS」コレクションが発表され、それに伴って世界に先駆け伊勢丹新宿店での先行発売が行われました。

「GIVENCHY ESSENTIALS」は、初めてベーシックラインにフォーカスしたコレクションであり、日本文化への愛が込められており、他にも2016年には日本のファッションブランドであるsnidelとのコラボレーションを行い、これが世界的に大きなニュースとして話題となりました。

そんな日本人としても親近感の湧くハイブランド「GIVENCY」、今後の日本ファッションシーンに大きな影響を及ぼすに間違い無いと言えるでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です