90年代のイギリスファッションを牽引したブランド「DAKS」

ファッションの歴史でも革新的なスタイルを生み出した90年代。

日本国内でも今現在では世界的なファッションブランドもこの年代に創設され、アメリカからヨーロッパでも同じ現象が起きました。

今回はイギリスの90年代のkファッション牽引した「DAKS」について少しご紹介していきたいと思います。

「DAKS」が生み出した90年代のファッション革命

「DAKS(ダックス)」は1894年シメオン・シンプソンによって創業されたイギリスのファッションブランドであり、シメオンの次男アレクザンダーが「DAKS TOP」と呼ばれるベルトレス・スラックスを考案し当時欠かせなかったサスペンダーをなくしたこのデザインは画期的な出来事でありプロスポーツ選手もこぞって着用するなど人気を博したイギリス屈指の有力ブランドです。

ブランド名は父の「DAddy」とスラックスの「slacKS」を合わせたものであり、1936年にはシメオンのアイディアでファッションストア「シンプソン・ピカデリー」がオープンする事となりました。

光の反射でウィンドウ内の商品が見えにくくなることを考慮し、ガラスを湾曲型にするなど革新的でモダンなストアであったと言われています。

その後は1937年には婦人服も発表、1956年にはエジンバラ公、62年にはエリザベス女王、82年ではチャールズ皇太子からロイヤル・ウォラント(英国王室御用達)を立て続けに授与し1976年はDAKSハウスチェックが誕生しました。

2000年にはロンドンのオールドボンドストリートに旗艦店をオープンする事となり「Quality First(品質第一)」という創業時からのポリシーを貫き伝統と革新を融合させたコレクションを今尚発表し続けています。

ブランドとしての歩んだその歴史は1894年にイギリスのロンドンにあるミドルセックスストリートにおいて、創業者のシメオン・シンプソンが仕立屋を開業したのが起源とされ、彼がまだ16歳の出来事であります。

店はとても小さなものであった当時は1917年には同じくミドルセックスストリートにて工場を作り、徐々に事業の規模が大きく拡大の一途を辿る事となります。

1920年以降にはテイラードを機械化し世界初の快挙を成し遂げ、シメオン・シンプソン死後ではその息子で次男のアレクザンダー・シンプソンが1934年にあとを継ぎその時に世界初のベルトレス・スラックスを誕生させる事となります。

また、ロイヤル・ウォラントを授与されたのは1956年と1962年と1982年となります。近年では2016年にオールド・ボンド ストリート本店をリニューアルし、精力的に活動していると言われており、日本にダックスが進出したきっかけで以前から繊維を得意とする商社の三共生興が独占的にダックスの商品を輸入・販売する事となりました。

その三共生興が1970年にマスターライセンシーとして認められるようになると、国内で積極的に販路の拡大を目指すようになり、当時は紳士服のみの取り扱い婦人服の取り扱いが始まったのは1980年代からとなっており、より精力的にブランドの浸透を目指すようになります。

テレビコマーシャルや総合カタログなどを打ち出す他、1991年には三共生興がDAKSシンプソン社を買収する事となりました。今では他のアジア地域に対しても売り込みを本格始動させており、特に2000年代以降は顕著にその姿勢が現れています。

現在国内では2016年に東京銀座に旗艦店を進出させるなどブランドの存在価値を維持し続けていると言えるでしょう。

「DAKS」の生み出すデザインへの革新

「DAKS(ダックス以下表記)」が持つ輝かしい実績としては英国王室御用達のファッションブランドとしての地位を確立しています。

王室御用達ブランドとして認められるには、王室御用達認定書であるロイヤル・ウォラントを受け取らなければならないですが、ダックスはこのロイヤル・ウォラントを3つ授与されていることは冒頭でもお伝えした通り、衣料品を仕立てる際には仕立て人が手作業で行わなければならなかったが創業者であるシメオン・シンプソンが仕立て作業を機械化することに世界で初めて成功させる。

他にも、次男のアレクザンダー・シンプソンにより、今度はベルトレス・スラックスを世界で初めて作り出しイギリスの紳士服の世界を変化させるほど影響を与えてる事となりました。現在も幅広いファッションアイテムを作り出しているがブランドが持つコンセプトとして、創業当時から品質第一のポリシーを一貫し、自分たちのブランドに誇りを持っており、完璧に作り上げることや高い品質の維持、適正価格などを守り続けています。

そんなイギリスの敷居高い伝統的デザイン性と確かな実績が今尚成長をするダックス、これから先のファッション業界にどの様な旋風を巻き起こすのか期待が出来ます。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です