コンテンポラリーとラグジュアリーを混ぜたブランド「THEORY」

現代の流行りに合ったアイテムを生み出すファッションブランド「THEORY」とは

「THEORY(セオリー以下表記)」とは1997年アメリカ・ニューヨークにてアンドリュー・ローゼンがビジネスパートナー エリー・タハリーと共に設立したファッションブランドであり、コンテンポラリーであることを軸に上質なストレッチ素材を使用したパーフェクトなフィット感がもたらすシルエットの良さと着心地の良さが特徴的なブランドです。

そのさりげなく流行を取り入れたNew Basicをコンセプトに、シンプルで質の良いアイテムが人気を博し、ウィメンズの翌年にデビューしたメンズラインにもそのコンセプトは引き継がれシンプルで洗練されたコレクションを発信しています。

日本ではリンク・インターナショナルが1999年に販売を開始したとされ、ブランドのターゲットはインターナショナルな感覚を身につけたファッションラバーに重きされ第1号店を有楽町西武に出店。

その後2000年にはライセンス契約を締結し輸入販売をライセンス生産、販売に切り替える事となったセオリーは2003年にファーストリテイリング社と資本提携、アメリカのセオリー社グループを買収。

2004年にはセオリーのサイズ・エクステンションとして日本のみの展開の「Theory Luxe」を銀座三越に出店し、自分なりのファッションライフスタイルを確立した洗練されたファンに向けて発信をしました。

そんなセオリーのシンプルで美しいシルエットはそのままにより上質な素材、よりディテールにこだわったフィット感を取り入れ都会的でクールなスタイルを提案し多くのファンの支持を得る事となります。

2006年ではアメリカ・ニューヨーク Gansevoort Street に旗艦店をオープンし2007年からはブランド設立10周年を記念して「BACK TO THE ROOTS」をキャッチフレーズに各種イベントを開催。

2010年に入るとロシャス、ニナ・リッチでアーティスティック・ディレクターの経験を積んだベルギー人デザイナー オリヴィエ・ティスケンスが手掛ける「ティスケンス セオリー」をカプセル・コレクションとして発表。

セオリーの上質なテーラリングに加えよりラグジュアリーに、そしてクールでシックなコレクションを展開し、2011年春夏シーズンからNFWでコレクションを発表。2015年、 オリヴィエ・ティスケンスが、プレ スプリング コレクションを最後に辞任。

2012年6月にはブランド創設者アンドリュー・ローゼンが、CFDA Fashion Awardのファンダーズ賞を受賞し2016年ではユニクロとのコラボレーションによるメンズアイテム「ユニクロ×セオリー」発表。

あらゆるシーンにマッチするラインナップで、そのベーシックは進化し続け、常に新しいスタイルを提案する事となりました。

そんなセオリーは、1997年にアンドリュー・ローゼンがエリー・タハリーと共に設立したファッションブランドとしても知られており、本拠地はアメリカのニューヨークと現在は拠点を構えており、エリーはアンドリューのビジネスパートナー且つコンテンポラリーをベースに着心地に良さとシルエットの美しさを兼ね備えたファッションを共に目指したと言われています。

また素材には主としてストレッチ素材を用いておりパーフェクトなフィット感を実現しているのが特徴と言えるでしょう。

コンセプトとして掲げているのがNew Basicでシンプルで質の高いアイテムが高い人気を呼ぶ事となりブランド立ち上げ当初はウィメンズに限定していたものの、翌年にはメンズラインにも参入し同じコンセプトの基シンプルで洗練されたコレクションを発信しています。日本に進出したのは1999年とされリンク・インターナショナルが販売を開始する事となりました。

ブランドのターゲットとしてはインターナショナルな感覚を持った人々とされ、冒頭通り第1号店が有楽町の西武店にオープンしています。

「THEORY」のブランドとしての特徴とアイテムライン

「THEORY(セオリー以下表記)」セオリーのファッションアイテムは、日本でも高い人気を呼んでおりコートやスーツをはじめ、バッグも販売しています。
またデザインは基本的にシンプルなものが多くその中でもセンスの良さが感じられるように仕上がりとなっており、それ故セオリーのカジュアルラインはビジネスシーンでも充分活躍でき、仕事のデキル男性が演出することが可能です。

さらに、ビジネスシーンに限らずパーティーなどの社交シーンにも使えるので応用性が広いのが大きな魅力となっているといるでしょう。
それはセオリーレディースにも当てはまることで適度なフィット感が着心地の良さにつながっており、セオリーのデザインには大人のベーシックスタイルが提案されておりシンプルさの中にもモード的なエッセンスが盛り込まれているのが特徴です。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です