高級腕時計ジュエリーブランド「PIAGET」

世界のセレブも愛用する高級腕時計ブランド「PIAGET」

「PIAGET(ピアジェ以下表記)」とは1874年に時計師のジョルジュ・エドワール・ピアジェがスイス・ジュラ地方のラ・コート・オ・フェに時計工房を設立されたブランドです。

また精緻なムーブメントを求め有名時計ブランドからの注文が増えブランドは急成長を現在もしています。その後は時計も自社で製造販売するようになっており、1957年には厚さ2mmの手巻きムーブメント「キャリバー9P」を1960年には厚さ2.3mmの自動巻きムーブメント「キャリバー12P」を製作。

この極薄のムーブメントは時計業界にセンセーションを巻き起こし、世界で最も薄い自動巻きムーブメントとしてギネスブックにも掲載。またその薄さを活かして指輪やブローチなどに時計を組み込んだジュエリーウォッチが注目を集めました。

その後も時計の技術を生かした独創的なジュエリーを次々と生み出し、世界に冠たる高級時計・ジュエリーブランドへと変貌。

高い技術力と豊かな創造性に裏打ちされたジュエリーは、世界のセレブたちにも愛されており1990年に発表された「ポセション・コレクション」は、ピアジェを代表するコレクション。愛する人を所有し所有されるという情熱的な想いが込められており、ウエディング・ジュエリーとしても人気が高いです。

またブランド自体は1874年に創業され、現在に至るまで100年以上もの時を刻んできている非常に歴史の長いジュエリーブランドであるとも言われています。

創業以来ムーブメントの生産を主流として行っていたがその精密な機械の出来栄えに有名時計ブランドからの依頼が続いたことで、ピアジェのブランドは急成長しました。

2000年代の現在では、リシュモンというカルティエ、ボーム&メルシエ、ヴァシュロン・コンスタンタン、モンブランなどを傘下に抱えるグループへと属しながら、100年以上もの長い歴史の伝統を受け継ぎ創設者であるジョルジュ・エドワール・ピアジェの時計に対する情熱を絶やさぬようにブランド経営を行っています。

その他にピアジェというジュエリーブランドを語る上で欠かせない特徴、代名詞はなんといっても時計の針を規則正しく動かす役目を担っている駆動装置ムーブメントです、ピアジェは1874年の創業以来からムーブメントを設計から開発、製造までを自社内で行っている数少ない時計ブランドとして注目されており、それが大きな要因としてピアジェは100年以上もの長い歴史を残すブランドとなり得ました。

そういった理由から、またピアジェの創設者であるジョルジュ・エドワール・ピアジェのムーブメントにかける情熱を受け継ぐことも含めて、ピアジェではムーブメントの開発に関して並ならぬ熱意をかけておりムーブメントに関して右に出るブランドがないほどでしょう。

ピアジェはムーブメントの開発では常に最先端を行き、様々な革新的な技術を編み出してきたブランドと言えます。

「PIAGET」の人気アイテムシリーズと現在のブランド運営

「PIAGET(ピアジェ以下表記)」の商品は時計から始まりジュエリーやハイジュエリー、ウエディングアイテムなどを扱っている。特にピアジェ特有の極薄の技術で仕上がった時計や100年の伝統を持つムーブメントを搭載した時計は芸術的であり「アルティプラノ」や「ライムライト」、そして1979年に初めて誕生してその斬新なスタイルが話題を呼んで以来、ブランドの象徴的な腕時計として圧倒的な存在感を放った「ピアジェ・ポロ」といった商品がピアジェの人気アイテムのラインとして世に知れ渡りました。

また「ピアジェ・ポロ」は2001年に1度リニューアルも行っておりその人気に拍車をかけている商品と言えるでしょう。

ピアジェはその長い歴史と伝統から世界中に知れ渡り、非常に高い人気を勝ち取っているジュエリーブランドであるが当然ながら日本でも高い人気を誇っているブランドであり、日本での活動を積極的に行っているブランドです。

ピアジェは東京の銀座にある店舗を本店として他にも池袋や日本橋、新宿、他には様々なセレクトショップ等といった日本の中心都市に店舗を多く展開して、ブランド商品である腕時計やジュエリーを販売しています。またピアジェの日本での活動は東京だけに留まらず、沖縄や宮城、北海道といった所にまでピアジェの店舗を展開しており、その幅広い展開から日本での精力的な活動の意欲をうかがい知ることが出来るでしょう。

今後ますます高級腕時計ブランドとしての成長と変貌、そして他ブランドとのコラボレーションによって輩出されるであろう彼等のアイテムラインには目が離せないと言えるでしょう。

またメンズのステータスとも言える高級腕時計の着用としても是非一つは手に入れておきたい代物と言えるでしょう。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です